« 2016年夏・釜山へ③【8月20日】 | トップページ | 2016年夏・釜山へ⑤【8月22日】 »

2016年11月 3日 (木)

2016年夏・釜山へ④【8月21日】

午前中はホテルで・・・

起床後、山の頂にある中央公園までの朝ランで、一日が始まります。

 

431

 

そして、宿に戻って朝食。東横インの無料朝食は、前日よりも、さらに充実していました♪

451

 

午前中はこの日も部屋でオリンピックを流しながら、作業に勤しみます。

ちなみにこの日はサッカーの決勝戦!PK戦まで縺れた試合は、ブラジルが勝ちました・・・。

ドイツファンの自分は意気消沈です・・・。

449

 

今日も行動は昼から・・・

作業を終えて、ネットで街の情報を見ていると“甘川洞文化村”なるものが出てきました。

今回の旅は旅行ガイドすら持たずに出てきたので、ネットで情報収集して、その日の行動を決めることになります。

そして、朝のランニングで中華街の中に見つけた、ウズベキスタン料理屋に向かいます。

なお、中華街には確認しただけでも、ウズベク料理屋が3店舗ありました。

496

 

何故、韓国でわざわざウズベキスタン料理?

旧ソ連時代、沿海州の朝鮮民族は中央アジアに強制移民させられたため、多くの朝鮮民族がいます。そのため、中央アジアには韓国企業の工場なども多く、直行便も多く飛んでいます。

そのため人的交流も多いので、韓国では彼の地の料理も美味しいのでは?という仮説の元に中華街に向かい、Учқудуқ 2(ウチュクドゥク2号店に入ることにしました。

結果は・・・割と種類は豊富です。但し、味は本場と若干異なる(食べやすくアレンジ?)ような、特に麺は韓国っぽいような気もします。でも、コスパは良いと思いました。

それにしても、スープ代わりのラグマンに、主食にプロフ・・・炭水化物責めの選択は完全に失敗でした・・・。

ちなみに、ロシア語で注文できるので、韓国語のさっぱり分からない自分にとってはかえってやりやすかったです。
498

503

504

 

甘川洞文化村へ

昼食を終えると地下鉄1号線でチャガルチ駅に向かい、マウルバス2-2系統に乗り継いで甘川洞文化村へ。日曜日とあって、バスは混雑しており多くの人が甘川洞文化村を目指します。

色とりどりの建物が密集する様は、南欧にでもいるのでは?という錯覚に陥り、結構感動モノ!

この詳細は、別の機会に紹介します。

509

 

釜田、西面あたりを散策

山を下ると、再び地下鉄に乗り込むと、釜田を目指します。釜田市場や西面あたりをぶらぶらして、釜山の街の雰囲気を味わいます。

すっかり前夜にはまったデジクッパ。西面にはこの激戦区で、特に松亭3代クッパ(ソンジョンサムデクッパ)には行ってみたい!とも思っていました。

そして、その店の前まで行ったのですが、昼が効きすぎで・・・断念。勢いで炭水化物重ねをしたことを後悔します・・・。

644

649

 

釜山、最後の夜・・・

夕方、部屋に戻り、部屋で作業の続きを・・・。

662

 

最後の晩餐は何にしよう・・・などと悠長なことを考えていたのですが、気づけば10時・・・。

近場で済ませることにし、駅横の屋台村に行ってみます。

 しかし、韓国語がさっぱりな自分は、文字だけ書かれたメニュー、おまけに料理の名前も分からないので片言で伝えることもできない・・・。写真があればよいのですが、今の自分にはハードルが高すぎることを悟ります。

665

 

諦めて、駅周辺の写真付きの看板のある安食堂で、ミルミョン。これは冷麺なのですが、麺は小麦粉で作られている釜山独特の冷麺。昨日の冷麺とは似て、大いに非なるものなのです。

キュウリの食べられない自分は“mu oi”とオモニに伝え、どうにかキュウリを抜いてもらいました・・・。

668_2
672

 

夜が明けると、帰国の朝を迎えます。
673

|

« 2016年夏・釜山へ③【8月20日】 | トップページ | 2016年夏・釜山へ⑤【8月22日】 »

周遊旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年夏・釜山へ④【8月21日】:

« 2016年夏・釜山へ③【8月20日】 | トップページ | 2016年夏・釜山へ⑤【8月22日】 »