« Holzwärme Grindelwald AG(木の暖房グリンデルヴァルト株式会社)を見学 | トップページ | 2016年8月11日は、初の“山の日” »

2016年8月 9日 (火)

2016年夏★ スイスで見た、乗った特急列車の数々♪

RABDe500形電車(通称、ICN)のエクステリア
スイスで最強に格好いい電車ICN(Intercity-Neigezug)。IC用の基本が7両編成の振り子電車で、最高速200km/hで運転する。この美しい車両はイタリアのデザイン事務所Pininfarina(ピニンファリーナ)が手掛けたものです。なにそれ?って人でも「フェラーリをデザインしている事務所・・・」と言ったらデザイン力が分かりますかねぇ。
13781730_998374183613521_5983126967

Pininfarinaのロゴが入った電車なんて格好良すぎて、痺れます!
13718685_998374196946853_6165082098

ちなみに、スイス国鉄のRe460型機関車もこの事務所が手がけた車両で、フィンランドなどでも見かけます。
13775767_998374230280183_8206511560

ICNのインテリア
さて、このICNはエクステリアは最強のデザインだと思っていますが、インテリアは・・・。スイス国鉄のIC用客車に準拠しているので、方向転換もしない、リクライニングもしない座席が並んでいるだけです。
内外のクオリティの差に、少しがっかりさせられます・・・。でも、スイスのICは食堂車が標準装備なので、この編成にもまるまる1両の食堂車が付いていて、日本では考えられないサービスが今なお機能しているのは嬉しいです。
32_1

ペンドリーノ(Pendolino)第4世代のETR610電車(or RABe503電車)
かつてドイツ~スイス~イタリアを結んだチザルピーノ社が保有していた振り子車両のETR610電車は、同社解散後、スイスとイタリアの国鉄に引き取られ、ECとして運用されています。そしてスイス国鉄が2012年以降に増備した車両は、型式がRABe503に改められています。今回は、走行中の電車から見るに留まりました
32_2
これではイメージが伝わりにくいので、カラーは大きく異なりますが、ほぼ同じデザインのポーランドの“ペンドリーノ”の写真も掲載しておきます。今回の旅行で、ワルシャワ中央駅で見かけた車両です。
13707781_999795350138071_4715153724


ベルン、チューリヒで見かけた初代ICE
ドイツ鉄道の初代ICE車両は、スイスに比較的多く乗り入れてきます。
すでに4代目まであるICEは、初代のインテリアがコンパートメントがあったりして面白く、特にデザイナーのAlexander Neumeisterが日本の新幹線100系の食堂車(2階建て)に触発されたという食堂車は天井が高く、トップライトから光が差し込んで素晴らしいのです♪
日本の新幹線と同様に、初代はずんぐり丸くてカワイイです!
13700190_998374260280180_2872411940


タウルスの牽く客車列車“レールジェット”
そして最後は、オーストリア国鉄のレールジェット。塗装は派手だが、機関車の牽引する伝統的な客車列車です。
チューリヒ~ウィーンのECには、レールジェット登場以前から、通常の1等車のさらに上のビジネスクラス(日本のグランクラスに相当)する車両が連結されていて、もちろんレールジェットにもこのクラスが連結されています。
ちなみに牽引する機関車は、タウルスの愛称を持つ1216型。曲線を駆使したデザインが美しく、性能も良いのでドイツやハンガリーでも採用されている機関車です。
13690766_998374280280178_1100611106

|

« Holzwärme Grindelwald AG(木の暖房グリンデルヴァルト株式会社)を見学 | トップページ | 2016年8月11日は、初の“山の日” »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年夏★ スイスで見た、乗った特急列車の数々♪:

« Holzwärme Grindelwald AG(木の暖房グリンデルヴァルト株式会社)を見学 | トップページ | 2016年8月11日は、初の“山の日” »